好きならば仕事にしよう

原稿

アニメのことが好きで、仕事として関わっていきたいのなら、専門学校で必要な技術や知識を学ぶことから始めましょう。アニメの作画はもちろん、原作者や声優になるためのコースも用意されているので、自分がなりたいものを考えて、対応する専門学校に通うとよいです。なお、専門学校を実際に見て回れるオープンキャンパスが開催されているため、入学したいところがあるのなら参加してみましょう。説明会や体験会が行われているので、どのようにしてアニメに関われるのか、入学前にバッチリと知ることができます。もちろん、何度も通えるため、どのコースにするか迷っているのなら、すべてのコースの相談会や体験会に参加してしまいましょう。

昼間だけではなく夜間も勉強できる

イラスト

アニメに関わる仕事をしたい方の中には、すでに社会人になっていて、働いている状況もあるでしょう。そうなると、その会社を辞めて、専門学校に入り直すのはとても勇気がいることのはずです。もしも、仕事を辞めずにアニメの勉強をしたいと考えるなら、夜間学部が用意されている専門学校を活用しましょう。夜間学部でも昼間と同じようなカリキュラムの専門学校は多いので、働きながらアニメの勉強をしっかり行なえます。ただし、6時から7時の間に授業が始まる専門学校も多いので、職場の近くにあるところへの入学をおすすめします。しっかりとアニメの技術や知識を学んで、仕事としてやっていけると感じたのなら、卒業後に新しい会社に入り直すようにしましょう。

就職率がとても大切

ゲームを作る人

アニメの専門学校にいけば、さまざまな技術や知識を習得できますが、就職できなければそれらを利用する機会はありません。したがって、専門学校を選ぶときには、就職率をしっかりとチェックするようにしましょう。多くの専門学校では、運営するホームページに就職率を載せているため、卒業後の進路が心配ならば目を通すことをおすすめします。ただし、アニメ業界以外で働き始めた人まで、就職率に加算されているケースがあるので気をつけなければいけません。そのため、アニメ業界で働きたいと考えているのなら、どのような会社で働けるのかまできちんと確認しましょう。多くのところでは、就職率と一緒に卒業生が活躍している会社も紹介しているので、アニメ業界に強い専門学校かどうか知ることができます。なお、ホームページを見るのなら、どのような就職サポートが行われているかも調べておきましょう。サポートが手厚ければ手厚いほど、希望とするアニメ関連の会社で、働き始められる確率が上がります。